minecraft

サンドボックス型のものづくりゲームの次期版「Minecraft 1.8 Pre-Release」がリリースされました。

        ↓一日一回クリックしてくれると嬉しいです。

Hello!

It’s time for us to pre-release the next major Minecraft update, the Bountiful Update! This will bring Minecraft to version 1.8, and should be officially be published in the launcher on Tuesday, September 2. This is the update that to date has taken the longest time to create (over 300 days), and is the result of many, many changes.

These changes consist of both new features, and large game structure changes such as replacing the hard-coded “block renderer” with a system that is able to read block shapes from data files, or performance enhancements such as multi-threading the client-side chunk rendering. We hope you will enjoy it!

Here’s a list of the major changes in the game:

  • Added Granite, Andesite, and Diorite stone blocks, with smooth versions
  • Added Slime Block
  • Added Iron Trapdoor
  • Added Prismarine and Sea Lantern blocks
  • Added the Ocean Monument
  • Added Red Sandstone
  • Added Banners
  • Added Armor Stands
  • Added Coarse Dirt (dirt where grass won’t grow)
  • Added Guardian mobs, with item drops
  • Added Endermite mob
  • Added Rabbits, with item drops
  • Added Mutton and Cooked Mutton
  • Villagers will harvest crops and plant new ones
  • Mossy Cobblestone and Mossy Stone Bricks are now craftable
  • Chiseled Stone Bricks are now craftable
  • Doors and fences now come in all wood type variants
  • Sponge block has regained its water-absorbing ability and becomes wet
  • Added a spectator game mode (game mode 3)
  • Added one new achievement
  • Added “Customized” world type
  • Added hidden “Debug Mode” world type
  • Worlds can now have a world barrier
  • Added @e target selector for Command Blocks
  • Added /blockdata command
  • Added /clone command
  • Added /execute command
  • Added /fill command
  • Added /particle command
  • Added /testforblocks command
  • Added /title command
  • Added /trigger command
  • Added /worldborder command
  • Added /stats command
  • Containers can be locked in custom maps by using the “Lock” data tag
  • Added logAdminCommands, showDeathMessages, reducedDebugInfo, sendCommandFeedback, and randomTickSpeed game rules
  • Added three new statistics
  • Player skins can now have double layers across the whole model, and left/right arms/legs can be edited independently
  • Added a new player model with smaller arms, and a new player skin called Alex?
  • Added options for configuring what pieces of the skin that are visible
  • Blocks can now have custom visual variations in the resource packs
  • Minecraft Realms now has an activity chart, so you can see who has been online
  • Minecraft Realms now lets you upload your maps
  • Difficulty setting is saved per world, and can be locked if wanted
  • Enchanting has been redone, now costs lapis lazuli in addition to enchantment levels
  • Villager trading has been rebalanced
  • Anvil repairing has been rebalanced
  • Considerable faster client-side performance
  • Max render distance has been increased to 32 chunks (512 blocks)
  • Adventure mode now prevents you from destroying blocks, unless your items have the CanDestroy data tag
  • Resource packs can now also define the shape of blocks and items, and not just their textures
  • Scoreboards have been given a lot of new features
  • Tweaked the F3 debug screen
  • Block ID numbers (such as 1 for stone), are being replaced by ID names (such as minecraft:stone)
  • Server list has been improved
  • A few minor changes to village and temple generation
  • Mob heads for players now show both skin layers
  • Buttons can now be placed on the ceiling
  • Lots and lots of other changes
  • LOTS AND LOTS of other changes
  • Removed Herobrine

The pre-release is available if you have activated development versions in the launcher.

Sincerely, the Minecraft and Minecraft Realms teams


こんにちは!

それは、私たち次のメジャーMinecraftのアップデートバウンティフルアップデートを事前に解放するための時間です!これは、バージョン1.8のMinecraftをもたらすでしょう正式に9月(火曜日)2上にランチャーに掲載されるべきである。この日付に300日以上)を作成する最も長い時間がかかったことをアップデートであり、多くの結果であり多くの変更

これらの変更は、両方の新しい機能で構成され、そのようなそのようなクライアント側のマルチスレッドなどのデータファイルまたはパフォーマンスの向上からブロック形状読み取ることができるシステムにハードコードされた「ブロックレンダラ」を取り替えるなどの大型ゲーム構造の変更チャンクのレンダリング私たちは、あなたがそれを楽しむことを願っています!

ここでは、ゲーム内の主要な変更点の一覧を以下に示します。

    追加花崗岩、安山岩、スムーズなバージョンと閃緑岩石のブロック
    追加スライムブロック
    追加アイアン
    追加Prismarineと海ランタンブロック
    オーシャン記念碑を追加しました
    を追加しましたレッド砂岩
    追加されたバナー
    追加アーマースタンド
    追加された粗大ダート草が成長しない汚れ
    アイテムの滴でガーディアンモブを追加しました
    を追加しましたEndermite暴徒
    アイテムドロップ追加されたウサギ
    追加マトン調理マトン
    村人は、作物を収穫して、新しいものを植える
    苔むした石畳レンガは今生産可能である
    彫り石のレンガは今生産可能である
    ドアとフェンスは今、すべてウッド型バリアントで来る
    スポンジブロックは、吸水能力を取り戻し、濡れている
    観客ゲームモードを追加しましたゲームモード3
    追加されたつの新しい成果
    を追加しました「カスタマイズの世界タイプ
    追加された隠れた」デバッグモード"世界の種類
    世界は今、世界の壁を持つことができます
    コマンドブロックを追加しました@e対象選択
    追加された/ BLOCKDATAコマンド
    を追加しました/ cloneコマンド
    追加された/ executeコマンド
    追加された/フィル命令
    を追加しました/粒子コマンド
    を追加しました/ testforblocksコマンド
    を追加しました/ titleコマンド
    を追加しました/トリガコマンド
    を追加しました/ worldborderコマンド
    を追加しました/ statsコマンド
    容器は「ロックデータタグを使用してカスタムマップでロックすることができます
    を追加しましたlogAdminCommandsshowDeathMessagesreducedDebugInfosendCommandFeedbackおよびrandomTickSpeed​​ゲームルール
    3新しい統計を追加しました
    プレイヤーのスキンは現在、モデル全体を横断二重層を持つことができ、左/右の腕/脚が独立して編集することができます
    小さいを持つ新しいプレーヤーのモデル、アレックスと呼ばれる新しいプレーヤーのスキンを追加しました
    表示されている皮膚のどの部分を構成するためのオプションが追加されました
    ブロックは現在、リソースパックにカスタムビジュアルバリエーションを持つことができます
    Minecraftのレルムは現在、アクティビティ図を持っているので、あなたがオンラインだった人を確認することができます
    Minecraftのレルムは今、あなたのマップをアップロードすることができます
    難易度の設定は、世界ごとに保存され、たい場合にロックすることができます
    魅惑は今のレベルエンチャントに加えてラピスラズリがかかりやり直しされました
    村人の取引はリバランスされています
    アンヴィル修理リバランスされています
    かなり速く、クライアント側のパフォーマンス
    マックスレンダリング距離は32チャンク512ブロックに増加されました
    アドベンチャーモードでは、現在破壊ブロックできないように、あなたのアイテムがCanDestroyデータ·タグを持っていない限り
    リソースパックは、現在では、ブロックやアイテムの形状を規定だけではなく、それらのテクスチャができます
    スコアボードは、新機能の多くを与えられている
    F3のデバッグ画面を調整しました
    ブロックID番号は、そのようなのための1のように)ID名によって置き換えられている(たとえば、Minecraftのような
    サーバーのリストが改善されました
    村との世代にいくつかのマイナーな変更
    プレーヤーのための暴徒ヘッドは現在、両方のスキン層を示し、
    ボタンは現在、天井に配置することができます
    ロットおよびその他の変更の多く
    宅地その他の変更の多く
    削除されたHerobrine

ランチャー開発バージョンを有効化した場合は、プレリリースが利用可能です

敬具MinecraftのMinecraftのレルムチーム


★ダウンロード
Minecraft 1.8 Pre-release



このエントリーをはてなブックマークに追加