vhbl
PlayStationVitaでXMBが実現できる「CEF 6.60 TN-V4」がリリースされました。
        ↓一日一回クリックしてくれると嬉しいです。
★更新内容

* Added high memory support for FW 2.1X ONLY.

* Added option in recovery menu to apply all PS Vita registries (Registry hacks ->).

(These registries will be applied: PSN, language, button assign, password lock, date, adhoc, wifi)

* Added automatic recovery boot at first use.

* Added ‘Fix exploit savedata’ option.

(With this enabled, you can play the exploit game. The first 2 letters of the savedata folder will be replaced with ‘TN’)

* Added possibility to hide the exploit game in XMB.

* Added ISO category support for GCLite.

* Added possibility to change HOME and NOTE combo buttons (Advanced -> Advanced configuration ->).

(If no buttons are choosen, you can HOLD the Livearea button (the blue PlayStation button) to simulate the HOME button)

* Added patch to enable 6.60 kernel modules decryption.

* Fixed CPU underclock.

* Fixed infinite bluescreen error.

* Fixed lots of Sony’s msfs driver bugs.

* Fixed all bugs made in TN-V3.

* Fixed original pscode region determination.

* Fixed bug that did not allow you to go to the Live area screen.

* Fixed bug where HOME button was simulated, when you opened the Vita OSK.

* Dummies Temperature and Volt power functions to avoid long negative strings.

* Improved ISO cache core.

* Improved ‘Install Addon’ feature. This option is now removed from recovery menu and is always enabled.

* Removed semaphore wait in flash0 emulation. This enhances the reading speed of flash0 files (most noticeable in Theme Settings).

* Made some cosmetic changes in VSH Menu and recovery menu and added possibility to change the color of these menus.



日本語訳
* ONLY FW 2.1倍のためのハイメモリサポートを追加しました。

*すべてのPSヴィータのレジストリ(レジストリハックを - > )を適用するには、リカバリメニューのオプションを追加しました。

(これらのレジストリが適用されます: PSN 、言語、ボタンアサイン、パスワードロック、日付、アドホック、無線LAN )

*初回使用時に自動復旧ブートを追加しました。

*追加オプション '修正はセーブデータ活用」を。

(これを有効にすると、あなたが利用するゲームをプレイすることができます。セーブデータのフォルダの最初の2文字が「テネシー」に置き換えられます)

* XMBに活用するゲームを非表示にする可能性が追加されました。

* GCLiteのために追加のISOカテゴリをサポート。

*追加された可能性はホーム変更するには、ノートコンボボタン( [詳細] - > [高度な設定 - >) 。

(どのボタンが選択済みされていない場合は、 HOMEボタンをシミュレートするために) (青プレイステーションボタンをLiveareaボタンを押したままにすることができます)

* 6.60カーネルモジュールの復号化を可能にするためのパッチを追加しました。

* CPUのunderclockを修正しました。

*修正無限ブルースクリーンエラーが発生しました。

*ソニーのMSFSドライバのバグの多くを修正しました。

* TN -V3で行われたすべてのバグを修正しました。

*オリジナルpscode領域判定を修正しました。

*あなたが住んでいる地域の画面に移動することはできませんでしたバグを修正。

*あなたがヴィータOSKを開いたときにHOMEボタンを、シミュレートしたバグを修正しました。

*長い負の文字列を避けるために、ダミーの温度と電圧の電源機能。

*改良のISOキャッシュコア。

*改良機能「アドオンをインストール」を。このオプションは、現在の回復メニューから削除され、常に有効になっています。

*削除されたセマフォはflash0エミュレーションで待つ。これは(テーマ設定の中で最も顕著)はflash0のファイルの読み込み速度を向上させます。

* VSHメニューとリカバリーメニューのいくつかの化粧品の変更を行い、これらのメニューの色を変更する可能性を追加しました。

全体のPSPの環境
*リカバリーメニューとVSHメニュー(多くのオプションが設定する)
プラグインのサポート*
* CPU速度changement(差がごくわずかであるため、意味がありません:P)
*アドオンをインストール
*ネットワークアップデート
*1.50カーネルhomebrews互換性
*高等homebrews互換性(VLF homebrews
*高PSXの互換性(音声なし)
* Highのバックアップの互換性
プロメテウスパッチを適用したバックアップのサポート*

ダウンロード

★導入方法
①ファイルをダウンロードして、解凍します。

②解凍後、セーブデータを\PS Vita\PSAVEDATA\XXXXXXXXXXXXXXXX\にコピーする。

③セーブデータのフォルダの「H.BIN」と同じ場所に「TN.BIN」「FLASH0.TN」をコピーする。

④PSPの6.60アップデータをダウンロードし、「EBOOT.PBP」を「660.PBP」にリネームしてセーブデータフォルダに入れる。

⑤CMAでセーブデータをVitaに入れる。

⑥ゲームを起動。

管理人は試していないのでわかりませんが、公式にはこの手順で出来ると書いてあるので出来るでしょう。


PlayStation Vita Wi-Fiモデル ライトブルー/ホワイト (PCH-2000ZA14)
ソニー・コンピュータエンタテインメント
2013-10-10


PlayStation Vita Wi-Fiモデル ブラック (PCH-2000ZA11)
ソニー・コンピュータエンタテインメント
2013-10-10


PlayStation Vita Wi-Fiモデル ライムグリーン/ホワイト (PCH-2000ZA13)
ソニー・コンピュータエンタテインメント
2013-10-10


PlayStation Vita Wi-Fiモデル ホワイト (PCH-2000ZA12)
ソニー・コンピュータエンタテインメント
2013-10-10


PlayStation Vita Wi-Fiモデル カーキ/ブラック (PCH-2000ZA16)
ソニー・コンピュータエンタテインメント
2013-10-10


PlayStation Vita Wi-Fiモデル ピンク/ブラック (PCH-2000ZA15)
ソニー・コンピュータエンタテインメント
2013-10-10


PlayStation Vita TV Value Pack (VTE-1000AA01)
ソニー・コンピュータエンタテインメント
2013-11-14


PlayStation Vita メモリーカード 64GB (PCH-Z641J)
ソニー・コンピュータエンタテインメント
2013-10-10


PlayStation Vita TV (VTE-1000AB01)
ソニー・コンピュータエンタテインメント
2013-11-14


PlayStaiton Vita 3G/Wi-Fiモデル Play! Game Pack (PCHJ-10012)
ソニー・コンピュータエンタテインメント
2013-10-31




このエントリーをはてなブックマークに追加