Sleipnir
「Sleipnir v4.0」が公開されました。
        ↓一日一回クリックしてくれると嬉しいです。

★更新内容

変更点

  • 標準のタブグループの色を変更出来るようにした
  • カスタマイズ|パネル|履歴パネル|ページを履歴に保存する日数 を追加した
  • スマートタブが有効のとき、タブの複製はアクティブの右になるようにした
  • アドレスバーの URL 判定を調整した
  • タブを復元しない設定で Sleipnir を再起動したとき、前回終了時のタブを「最近閉じたタブ」に登録するようにした
  • アドレスバー、検索バーのリストを選択したとき、IME の変換候補をクリアするようにした
  • WebKit を更新した (Chrome/25.0.1364.152)

不具合修正

  • Trident でタブを閉じることができなくなっていた問題を修正した
  • WebKit でタブの復元でページが最新の状態にならないことがあった問題を修正した
  • Flash の再生で文字がぼやけることがあった問題を修正した
  • 保護されたタブのナビゲーションを禁止する設定が効かないことがあった問題を修正した
  • Sleipnir を起動したままログオフを行なったとき、Sleipnir が終了しないことがあった問題を修正した
  • 終了時にプロセスが残ることがあった問題を修正した
  • ALT キーを押下したとき、CPU 負荷が高くなっていた問題を修正した
  • 解像度の異なるモニタで交互にフルスクリーンしたとき、応答に無しになる問題を修正した
  • 特定の記号を含んだ URL をアドレスバーで確定したとき、検索になる問題を修正した
  • IE7 互換モードや UserAgent の切り替えが正しく動作しなかった問題を修正した
  • UserAgent を変更したままエンジン切り替えをしたとき、UserAgent が元に戻ることがあった問題を修正した
  • クイックセキュリティのメニューを表示した状態でタブ切り替えすると反映先が異なっていた問題を修正した
  • 複数タブを開いたとき、タブのタイトルが URL になることがあった問題を修正した
  • アクション "PopRecentlyHistory" を行なったとき、タブバーの描画更新されないことがあった問題を修正した
  • タブの保護を行なったとき、タブバーの描画更新されないことがあった問題を修正した
  • ステータスバーとツールバーのクリックセキュリティのアイコンの状態が、異なることがあった問題を修正した
  • パネルの自動表示の設定時間が反映されなかった問題を修正した
  • パネルの自動表示が有効のとき、個別設定の画面が消えることがあった問題を修正した
  • ブックマークを "すべてをグループで開く" で開いたとき、個別設定が反映されていなかった問題を修正した
  • 起動時にウェブ表示部分が黒く表示されていた問題を修正した
  • FeedReader の高さが記憶されていなかった問題を修正した
  • Trident のときにボタンメニューとメニューバーの「エンコード」にチェックが入らなかった問題を修正した
  • その他、軽微な不具合を修正した

ダウンロード


★特徴

超高速フィードリーダーで情報収集が加速する

超高速で動作するフィードリーダーをブラウザに統合しました。
まとめてフィードをダウンロードするからオフラインでの閲覧も可能です。
Google Reader からリストを読み込みすぐに使い始めることができます。


ソーシャルメディアで情報収集

様々なソーシャルメディアから好きなキーワードに関連するフィードを取得できます。ログインは不要です。そのメディアのユーザーである必要もありません。設定は Feed Central から簡単に。

見たくないフィードは見せません
フィルター機能で、広告や不快なフィードをカットしましょう。ノイズの少ない快適なフィードライフを始める事ができます。

Google Reader からの移行も簡単
Google Reader のフィード・リストを簡単に読み込む事が可能です。


当然のようにスマートフォンと共に
例えば週末に行くレストランを予約するとき。
デスクトップで見ている電話番号に1クリックでかけられるのも
Sleipnir 3 なら当然のことです。
スマートフォンとはプッシュ通知で連携するので電話もマップも、
ごく自然にスマートフォンで開けます。


ブラウズ中のページをそのままスマートフォンへ
デスクトップで見ているページを、すぐさまスマートフォンで開けます。イベントの詳細ページをあとで移動中に見たり、”Path”などのスマートフォン専用サービスでみんなに知らせたり。デスクトップとスマートフォンがひとつの環境であるかのように使えます。


1クリックで見ている電話番号にかける
電話をかけるのに必要なのは、ただクリックのみです。Sleipnir 3 は電話番号と思われるテキストを自動でリンクにするので、数秒後には電話をかけていることでしょう。


住所をスマートフォンのマップで確認
テキストを選択して右クリックすれば、スマートフォンに送れます。住所を送るとマップアプリで開くこともできます。デスクトップで見た旅行先の目的地を、現地で調べ直す必要はありません。


統合された共有、クラウド、あとで読む
Sleipnir 3 には、Twitter や Facebook、Dropbox など
様々なウェブサービスが統合されています。
共有したり、クラウドに保存したり、あとで読んだり、
いつものウェブサービスをまとめることで
デスクトップでもスマートフォンでも同じように使えます。


様々なウェブサービスをブラウザに統合
デバイスごとにアカウント情報の入力が必要だったウェブサービスを、デスクトップでもスマートフォンでも手間なく使えるように Fenrir Pass Connect を用意しました。OAuth 認証を利用して、安全に連携します。


つぶやきも共有も、ブラウズ中にその場で
いつでも思いついたときに、ブラウズ中のページや画像を Twitter や Facebook で共有しましょう。送信時に利用するウェブサービスのセットは毎回変更できます。


ブックマーク感覚であとで読む
ブラウザに統合されているので、ブックマークするようにあとで読むに追加できます。


取っておきたいページや画像はすぐにクラウドへ
ページを丸ごと PNG 画像にして、Dropbox や Evernote に保存できます。


タッチ時代のブラウズに適したデザイン
新たにデフォルトエンジンに WebKit を採用し、 ページの表示速度や安定性の向上など基本的なパフォーマンスが大幅に高まりました。 HTML 5 や JavaScript、CSS 3 などの最新のウェブコンテンツもストレスなく体験できます。


無限の拡張性
Google Chrome 用に用意されているエクステンションと呼ばれる数多くの拡張機能が利用できます。お好みの機能を追加できるので、普段のブラウジングを強力にサポートします。
このエントリーをはてなブックマークに追加