forestry for minecraft
「Minecraft」のMod解説 工業化Mod Forestry For Minecraft編 Part3 泥炭マシンを作ろうを作ろうです。
        ↓一日一回クリックしてくれると嬉しいです。
今回は、FFMで追加される泥炭マシンについて解説していきます。

泥炭とは
泥炭エンジンで燃料として使えるアイテム。
石エンジンのMJ出力と同じ出力を誇り(1MJ/t)、木炭を燃料として使った場合の約3倍の時間、出力できる。
375秒毎(泥炭1.5個毎)に灰が生産され、灰と泥炭などをクラフティングすることで瀝青質の泥炭を作成することが出来る。
灰は、泥炭をかまどで精錬することでも生産可能。

瀝青質の泥炭とは
泥炭エンジンで使える、泥炭の上位アイテム。
Mj出力が2MJ/tで泥炭の2倍で、燃焼時間が250秒→300秒になった。
養蜂が必要になるが、これを使うことをおすすめする。


泥地形成マシン(Peat Bog)
青銅の筐体×1、ガラス×4、銅の真空管×3、基板(小)×1

ffm part3-4

泥炭精製場の作成を担当するマシン。
また、泥土の再配置も行う。

泥炭採掘マシン(Turbary)
青銅の筐体×1、ガラス×4、スズの真空管×3、基板(小×)1

ffm part3-5

泥炭精製場で精製された泥炭を回収するマシン。
これの側面にパイプを接続することで、自動的に泥炭を排出することが出来る。

泥土(Bog Earth)
土×4、砂×4、水バケツ×1
土×4、砂×4、水セル×1(水缶×1)

ffm part3-3

これを泥地形成マシンに入れることで、自動的にやってくれる。
水セルを使用することで、通常より2つ多く生産することができる。

これを組み合わせて使用することで、泥炭精製場が作成できます。
設置した際に、縦15×横15×高さ6の範囲が自動的に整地されるので、その範囲になにもないことを確認してから生成することをおすすめします。

ffm part3-1

ffm part3-2

こんな感じに精製されます。
また、上に積み上げていくことも可能です。

このエントリーをはてなブックマークに追加