forestry for minecraft
「Minecraft」のMod解説 工業化Mod Forestry For Minecraft編 Part1 導入です。
        ↓一日一回クリックしてくれると嬉しいです。
今回からは、Forestry For Minecraft(通称:FFM)について、解説していきます。
なお、Minecraftのバージョンは当分1.3.2、FFMのバージョンは、1.5.0.2でやっていきます。

ダウンロード

Forestry For Minecraftは、農業系機械を大量に追加し、自動的に農業をやってくれます。
エンジン、新しい燃料なども追加されます。
基本的にはBuildCraftとIndustrial Craftと一緒に導入されます。
私は、現在のBCのバージョンがBuildCraft 3.2.0 Pre9、ICのバージョンがIndustrial Craft 1.107でやります。

<追加鉱石>
銅鉱石(Copper Ore)
Y74以下に、ラピスラズリと同程度の比率であるようです。

FFM part1-1

錫鉱石(Tin Ore)

Y74以下に、ラピスラズリと同程度の比率であるようです。

FFM part1-3

両方共、ICとの互換性があるので、同じように使えます。

青銅インゴット(Bronze Ingot)

FFM part1-4

銅インゴット×3+錫インゴット×1で作成できます。
これもICと互換性があり、こちらのほうが作成数が多く、手間が少ないので、こちらをおすすめします。

燐灰石の鉱石(Apatite Ore)

FFM part1-2

Y15以上90未満に鉄の半分程度の比率で生成される独自鉱石。
採掘すると、アパタイトのインゴットとなって出てきます。
化学肥料に使うようですが、個人的に言えば、集めなくてもいい代物です。

<養蜂>
その名の通り、蜂を育て、アイテムを取得するものです。
これは、結構時間がかかるので、初期の頃からやっておくと後々便利になります。
詳しいことなどは、日本語Wikiを見たほうがわかりやすいかと思うので、私の方では紹介するつもりはありません。
日本語Wiki(養蜂)


自然精製されるのはこのくらいですかね。
次回は、工作機について、解説します。

このエントリーをはてなブックマークに追加