Ubuntu
Ubuntuの最新版「Ubuntu 12.10 Quantal Quetzal」がリリースされました。
        ↓一日一回クリックしてくれると嬉しいです。
ダウンロード

Ubuntuの新機能

伝統的なCDサイズのイメー ジやDVD、Alternateイメージはなくなり、USB/DVDで使用することができる、800MBの統合されたUbuntuイメージのみが提供され ます。これまでAlternate CDを用いてインストール時にLVMやディスク全体の暗号化を利用していた場合は、この統合されたイメージで同等の機能を見つけることができるでしょう。

Ubuntu 12.10では、ARMデスクトップ用のイメージが他のアーキテクチャ同様に標準的なUbuntu liveイメージになりました。これらのイメージをインストールするには、インストールメディアとしてUSBディスクを使うとよいでしょう。


デスクトップインターフェース

  • アップデートマネージャーは最新版となり、「ソフ トウェアの更新」に名前が変わりました。起動した時にアップデートの確認を行うようになります。さらに、アップデートマネージャーの一部であったリリース アップグレードは、それ自身がubuntu-release-upgraderという名前のパッケージとなりました
  • xserver 1.13候補版、mesa 9.0、そして、更新されたXライブラリとドライバーを含む、新しいXorgス タックが取り込まれました。新しいxserverは、改良されたMultiseatサポート、さらにスムースとなったスクロール、大量のバグフィックスを 提供します。新しいバージョンのATIドライバーや、モニター設定でRANDRをサポートしたプロプライエタリのnvidiaドライバーもあります

  • UnityとCompizは、GLES命令だけをサポートするハードウェア上でも動作するようになりました。これにより、armelマシンの多くでもUnityが動作します
  • Unityは以下のサポートを含む、バージョン6.8に更新されました:
    • 「Unity Shopping Lens」経由でDashに商用コンテンツを提供する「さらに提案」カテゴリーが追加されました
    • Dashへの多くの修正と改良が行われました
    • Gnomeコントロールセンターパネル(システム設定)の「プライバシー」で、Dashが一切ネットワーク接続しないよう設定できるようになりました。
    • デフォルトで、LauncherにWebappsの追加が登録されています(AmazonやUbuntu One Music Storeが含まれます)
    • 新しいlibmessaging-menu apiを含む、indicator-messagesが更新されました(古いlibindicateライブラリーは廃止となりました)

    • BFB(Big Funny Button; 訳注:Launcherの一番上にあるUbuntuアイコンのボタン)とゴミ箱アイコンを除く、すべてのLauncher上にあるアイコンを取り除くことができるようになりました
    • リムーバブルストレージアイコンは、Launcherから登録を解除し、アイコンを表示しなくなる機能を追加しました
    • スプレッドモード(Super+W)において、ウィンドウ上にマウスカーソルを移動させた際に表示される閉じるボタンをクリックすることで、ウィンドウを閉じることができるようになりました
    • Gwibber LensはDash上でのプレビューをサポートするようになりました
    • ユーザーが対応サイトに訪れたとき、Webappsパッケージのダウンロードを行うかどうか尋ねるようになっています。
    • ファイルLensに追加されたアイコンは、ドラッグアンドドロップで(USBデバイスのような)ファイルシステムをLauncherに追加できるようになりました
    • ビデオLensのプレビューはリモートのAmazon Videoの詳細を表示するようになりました
    • Unityとunity-panelはアクセシビリティ向けにatk-bridgeをポーティングしました
  • アクセシビリティ機能はデフォルトでONとなりました
  • Ubuntu Mediumフォントが含まれるようになりました
  • ヘルプメニューに追加されていた、追加の"launchpad integration"メニューアイテムは、多くのユーザーにとって役に立たず、混乱のもととなっていたため削除されました
  • Login greeterが更新されました:
    • RDP経由でリモートデスクトップへのログインサポートを追加し、Ubuntuをシンクライアントとして簡単に利用できるようになりました
    • ネットワークの状態がトップパネルに表示されるようになりました
    • 全体的な見た目をリフレッシュしました。特に、長いユーザー名に対応するために空間を設け、セッション選択のデザインを更新しています。
デスクトップアプリケーション
  • LibreOfficeを3.6.2にアップデートしました。組み込みのメニューやHUDサポートに、個別のプラグインを必要としなくなりました。

  • GNOMEは、大部分が新バージョンである3.6に更新されました。 更新内容や改良点については、GNOME 3.6のリリースノートを参照してください。注目すべきものとしては以下があります。

    • Empathy: GNOMEのメッセージング、チャットアプリケーションの相手先一覧のデザインを整理しました。グループをデフォルトで無効にしました。また、よく連絡を取る相手先が、一覧のトップに位置するようになりました。
    • Disks: 追加の電源管理機能やベンチマーク機能の復活などを改良しました
  • FirefoxThunderbirdは、現時点での最新バージョン"16"に更新されました。

  • Jockeyは廃止となりました。「ソフトウェアソース」の「追加のドライバー」を用いてください。
ソフトウェアセンター

新バージョンのソフトウェアセンターには、以下の改良点があります。

  • より高速になった起動とインストール
  • 3Dセキュアのサポート
  • URLを開くことができるバナー
  • おすすめのフィードバック
  • Unity検索プラグインのプレビューとの統合

Ubuntu One

以下の新機能と改善が含まれます:

  • Ubuntu One Music StoreおよびMusic Streaming Web AppはLauncherからアクセスできるようになり、Ubuntuのサウンドメニューや通知に統合されるようになりました。
  • Ubuntu Oneコントロールパネルにはすべての共有されたリンクのリストや検索方法を提供する「共有リンク」タブが表示されるようになりました。
WebApps

WebAppの機能の紹介は次のYouTubeのビデオでご覧いただけます: http://www.youtube.com/watch?v=AUTNxi6b-hw&hd=1

こ の機能を使えば、FacebookやTwitter、Last.FM、Ebay、GMailといったオンラインのアプリケーションをデスクトップから直接 起動することができます。Webアプリケーションがそれらのデスクトップアプリケーションのように動くことで劇的にユーザーエクスペリエンスが向上しま す。つまり、動作が速く、デスクトップをすぐに乱雑にさせるブラウザーのタブやウィンドウの数を減らします。

WebAppsは、Ubuntuに搭載されている新HUDシステムを活用して、簡単に操作することができます。これにより、既存のWebアプリケーションを最新のUIデザイン上で利用し、強力な生産性と機能性、そしてデスクトップとなめらかに統合された操作感を提供します。


共通インフラストラクチャ


Secure Boot

Ubuntu 12.10 は、UEFI Secure Bootを サポートする初めてのUbuntuです。UEFI Secure Bootは、システムの起動時において、悪意あるソフトウェアが勝手に動作することのないよう、コンピューター上で動作するソフトウェアを制御するため の、標準的な手法です。Secure Bootをサポートすることは、クライアント環境向けWindows 8認定プログラムの必須要件のひとつです。

Ubuntuは、こうしたハードウェア上で「そのまま動く」ことに力を注いでいます。 しかしながら、リリースまでの時間の制約により、12.10世代でSecure Bootハードウェアで動作するフレーバーは次のものに限られています:

  • Ubuntu desktop
  • Ubuntu server
  • Edubuntu

13.04では、これら以外の全フレーバーでも動作するでしょう。


Migration-supportの廃止

他のOS(訳注:Windows)からUbuntuへのユーザーアカウントの移行を司るツール(migration-assistant) は、インストーラーから削除されました


Linux kernel 3.5.5

Ubuntu 12.10 “Quantal Quetzal”リリース版には、3.5.0-17.28 Ubuntu Linux kernelが導入されます。これはv3.5.5 Linux kernelを元にしています。Ubuntu 12.04 LTSの3.2.0-23.36 Ubuntu Linux kernelv3.2 Linux kernelベース)から更新されています。12.10世代のカーネルの顕著な変更点は、次の通りです。

  • i386 generic-paeフレーバーが、genericフレーバーで置き換えられます。
  • virtualフレーバーは、genericフレーバーに統合されました。
  • linux-metaパッケージが統一されました。
  • “highbank” SoC(訳注:Calxeda EnergyCore)を搭載したARMサーバー用のカーネルフレーバーを追加しました。

  • デフォルトのスケジューラーを、cfqからdeadlineに変更しました。
  • 署名済みカーネルを生成するため、パッケージ方式を更新しました。
Python 3.2

Ubuntuのデスクトップ環境は、Python 2からPython 3へ の移行を進めています。デスクトップ環境に含まれる多くのPython製アプリケーションとそれらのライブラリは、多くがPython 3への対応を完了しています。たいていの場合、Python2用のものに相当するPython 3版ライブラリが準備されているはずです。すでに移植済みのアプリケーションは、Python 3上でのみ動作します。作業はUbuntu 13.04でも継続されます。

もしPython 2ベースのプログラムを開発している場合も、恐れる必要はありません。Python 2は、できる限り継続してサポートされます(python パッケージ)。ただし、将来のバージョンのUbuntuでも利用できるようにするために、Python 3への移植を検討することをお勧めします。Python/3が移植作業の参考になるでしょう。


GNUツールチェイン

Ubuntu 12.10は、デフォルトのツールチェインに次の更新を加えています:GCC 4.7.2 (12.04 LTSではGCC 4.6)・binutilsとして2.23ブランチのスナップショット(12.04 LTSでは2.22)・eglibc 2.15・gdb 7.5。

より詳細な情報はupsteamのものを参照してください(GCC-4.7, gdb)。


Javaツールチェイン

Ubuntu 12.10は、OpenJDK7をデフォルトのJava実装として採用しています。これまでに比べて強化された性能と新機能、そして、他のJava7ベースの実装とのより高い互換性を備えています。

OpenJDK6は「deprecated」ステータスで、12.10ではuniverseに収録されている openjdk-6-* パッケージは、将来のUbuntuのリリースでは提供されなくなる予定です。


インストール


概要


Ubuntuのインストールをよりシンプルにする一方で、ディスク設定の選択肢を拡張しました。それぞれの操作の詳細説明を見直し、選択した操作の結果を、より分かりやすく把握できるようにしています。

Desktop CDから起動されるインストーラーは、インターネットに接続されていれば、既存のUbuntu環境をアップグレードしたり、再インストールすることができます。


ダウンロード


Ubuntu 12.10のイメージは、以下を用いることで近くにあるミラーサイトからダウンロードできます。

これ以外のイメージは、以下から入手できます。

システム要件


Ubuntu 12.10でデスクトップ環境を使用するには、768MBのメモリと、5GBのディスク領域が必要です。

注 意:環境によっては、システム上のメモリがグラフィックカードによって占有されることがあります。もしもシステムにぎりぎり最低限のメモリしかない場合、 インストールに長い時間がかかる可能性があります。しかしながら、ひとたびインストールが完了すれば通常通り利用することができるでしょう。


アップグレード


Ubuntu 12.04 LTSからのアップグレード

デスクトップ環境でUbuntu 12.04 LTSからアップグレードするには、次の手順を用います。

  • 「ソフトウェアソース」を開きます。
  • 「アップデート」タブに移動し、「Ubuntuの新バージョンの通知」を開き、「すべての新バージョン」を選択します。
  • アップデートマネージャーを起動します。
  • 次のようなメッセージが表示されるはずです:「新しいディストリビューション '12.10' にアップグレードできます」
  • 「アップグレード」をクリックし、画面に表示される指示に従います。
他のリリースバージョンからのアップグレード

12.04 LTS以外のリリースのUbuntuからアップグレードするのであれば、まず最初に12.04 LTSへアップグレードしてください。

12.04 LTSへのアップグレードに関する説明は、アップグレード方法のヘルプを参照してください。


既知の不具合


インストール

  • Samsung 製のノートPC(530U3C・NP700Z5C)において、UEFIモードに設定された状態でUbuntuのインストーラーを動作させると、ファーム ウェアのバグにより、結果としてマシンを起動不能に陥らせることがある、というレポートを受け取っています。この問題がUbuntu 12.10に真に再現するのか確認されるまでの間、該当するSamsung製ノートPCのユーザーがインストールを行う場合はUEFIモードを利用せず、 レガシーBIOSモードに切り替えて利用してください。 (1040557)

  • こ れまでDesktop/Alternateの2タイプに分かれていたインストールメディアを統合しました。これにより、Alternate CDが提供していた一部のインストールオプションが利用できなくなっています。DesktopイメージはAlternate CDを完全に置き換えるものではありません。
    • Alternate CDを用いて、LVMやディスク全体の暗号化を設定してインストールしていた場合、Desktopイメージを使うことで代替できます。
    • LTSP インストールを行う場合、Ubuntu Server 12.10のイメージを用います。LTSPパッケージをインストール後に追加します。12.04 LTSのメディアを継続して用いてインストールし、12.10へアップグレードすることで対応することもできます。
    • ソフトウェアRAIDを用いたインストールには、幾つかの選択肢があります。:
  • Desktop イメージは、既存の暗号化(LUKS)ボリュームをアンロックすることができません。もし既存の暗号化ボリュームをパーティション構成時に必要とする場合 は、「Ubuntuをインストールせずに試してみる」を起動画面で選択してライブセッションを開始し、暗号化ボリュームを開き(たとえば、Unityの Launcherからディスクを右クリックします)、パスワードを入力して暗号化を解除し、ウインドウを閉じます。あらためて ubiquity を実行してインストーラーを実行してください。(1066480)

  • ARM OMAP4マシンでは、インストール時に、真っ暗な画面で起動してしまう可能性があります。この場合もシステムは正常に起動しています。この現象に遭遇し たら、一度別のTTYに切り替えてからTTY7に戻ってくる必要があります。Ctrl+Alt+F1の同時押しをしてから、Alt+F7を押すことで、グ ラフィックが復帰します。(1065902)

  • Panda Board(ARM)を外部ストレージが接続されていない状態で利用すると、インストーラーのインターフェース部分が混乱した状態に陥り、まるでインス トールに失敗したかのように見えます。Panda Boardを利用する場合、インストール時には外付けHDD等を接続しておくことをお勧めします。 (1053030)

  • Macに外付けディスプレイを接続していると、インストール後、二度目の再起動から「can not run in framebuffer mode error」というエラーに遭遇します。(1066883)

Kernel

  • Haswellプロセッサーの内蔵グラフィックのサポートは完全なものではありません。 (1066975)

  • いくつかのシステムでは、(ノートPCの)フタを開いたとき、サスペンド/レジュームに失敗した旨のkernelloopsメッセージが表示されます。 (1054732)

  • AMDグラフィックチップを搭載したいくつかのASUSマシンでは、ディスプレイモードを変更するホットキーを押した際にWMIイベントとACPI割り込みが同時に送られることで、ディスプレイモードの変更が2回行われる結果となります。システム設定ディスプレイパネルを使ってディスプレイモードの変更を行う回避策があります。 (1052278)

  • ASUS N53SNラップトップでは、コマンドラインでnoefiを指定しないとカーネルが起動できません。 (1053897)

ネットワーク

  • 他のローカルで動作するネームサーバーパッケージとの互換性を確保するため、ネットワークマネージャーはこれまでの127.0.0.1を割り当てていたローカルネームサーバー用IPアドレスを127.0.1.1に割り当てるようになりました。もし、システムの/etc/resolv.confが存在していない、あるいはデフォルトでインストールする../run/resolvconf/resolv.confへのシンボリックリンクではなく静的ファイルが配置されている場合、ネットワークマネージャーが扱うネームサーバーを指定するために、この静的ファイルを管理者に更新してもらう必要があります。

Libvirt

  • Windows VMはこれまで'vga'ビデオドライバで動作していましたが、'cirrus'ビデオドライバを用いる必要があります。
ツールチェイン
  • Python 2.7.3はPythonのdictsetの 実装に影響するセキュリティ脆弱性への修正が含まれています。信頼できない入力は非常に長い計算時間やサービス停止状態(DoS)となるため、慎重に実装 してください。デフォルトでは無効ですが、CGIスクリプトのような脆弱なアプリケーションでは、この弱点から守るために"hash randomization"を明示的に有効にすることができます。この修正の詳細における実装に起因して、古い2.7.xリリースで作成された仮想環境 は2.7.3で動作しないかもしれません。特にosモジュールはurandom関数が無いように見えるかもしれません。この問題は新しいPython 2.7.3のバージョンで、壊れた仮想環境を再作成することで解決することができます。詳細の全ては http://bugs.python.org/issue13703 を確認してください。 (954595)

VMware Player

  • VMware Player 4と5を利用してUbuntu 12.10を動作させると、lsb_release に関するクラッシュレポートが生成されます。これは、 lsb_releases コマンドがPython 3を利用するにもかかわらず、VMwareが構成する初期環境でPythonに関する設定をPython 2のものに書き換えてしまうためです。 (938869) これによるVMware Playerの動作上の影響は不明です。

ビデオドライバー

  • いくつかのビデオドライバー(古いビデオチップ上で動作するもの)は、適切に機能しません。
    • xserver-xorg-video-trident(Trident Cyberbladeチップと組み合わせた場合)。画面が真っ暗になったり、ロックアップしたりします。Bugs

    • xserver-xorg-video-intel(i810チップセットと組み合わせた場合)。Segfaultします。 1060492

    • xserver- xorg-video-sis(315系ビデオ、具体的には、SiS 315/E/PRO・550・[M]650・651・740・[M]661[FMG]X・[M]741[GX]チップセットと組み合わせた場合)。画面が 真っ暗になる、あるいはログイン画面をループします。1034812

  • 回避策
    • Live CD を用いて、お使いのハードウェアが適切に機能するか確かめてください。

    • Trident Cyberbladeの場合、vesaドライバが正常に動作しません。回避策は12.04に留まるしかありません。
    • Intel i810の場合、(原文バグ:Alternate CDが存在しないにもかかわらず、install can only be accomplished from the Alternate ISO.と書いてある)。リカバリーモードでシステムを起動し、ビデオドライバを削除するか、ブラックリストに入れます。必要であれば、再起動ののちに適切なxorg.confを作成するか、RandRを行い、解像度設定を行ってください。

    • SiS 315シリーズの場合、Intel i810と同じ対処を行ってください。
デスクトップインターフェース

システムにおいて以下の問題を解決するために、今後提供予定のアップデータを適用してください。

  • ファイルマネージャーのNautilusが、ときおりクラッシュすることがあります。(1053862) たとえ「ファイル」マネージャーのウインドウを開いていなかったとしても、デスクトップを管理するためにNautilusは裏で動作しています。 Nautilusがクラッシュしてしまったら、Launcher上の「ホームフォルダー」や、Dash上の「ファイル」を開き、そのままウインドウを閉じ てください。これによってNautilusはデスクトップを再び扱える状態に復帰します。この対処を行うまでの間、次のような症状が現れるはずです (952321) :

    • デスクトップにアイコンが表示されない。
    • デスクトップで右クリックしても、メニューが表示されない。
    • アプリケーションウインドウが表示されない(デスクトップであれば、どのウインドウにもフォーカスが移動しない)。また、Unityの重要なキー操作、たとえばSuperやAltなどが機能しない。
    • ファイルマネージャーのクイックリストにブックマークが表示されない。
  • 一部のNVidiaのGPUをプロプライエタリドライバで動作させると、ウインドウを移動させたり、高解像度設定をした環境で「ティアリング(tearing)」が発生します。(600178)

  • 一部のシステムでは、カラープロファイルを特定のデバイスに適用しようとするとクラッシュします。 (1026520)

デスクトップアプリケーション

  • メールクライアントであるEvolutionは、IMAP/IMAP+アカウント上でフォルダーやその中身を移動・リネームさせる際に、誤って消失させてしまう問題があります。移動・リネームの代わりに、コピーを利用することを推奨します。 (957341)

  • LibreOfficeは、Dashやファイルマネージャー上から直接ファイルを開いた際、メニューが表示されません。 (1064962)

Ubuntu One

  • 12.04 LTSからアップグレードした場合、Ubuntu OneアイコンがLauncher上に表示されません。この問題の回避策として、Dashを開き、「Ubuntu One」で検索してUbuntu Oneアイコンをクリックして、Launcher上に表示されたアイコンのメニューで「Launcherに登録」を選択してください。
WebApps
  • ChromiumはWebAppsとしてインストールされた状態であっても、引き続きインストールが必要であると表示してしまいます。 (1059456)

  • WebAppsを終了させると、Launcherからアイコンが削除されてしまいます。 (1061056)

サポート

  • 18ヶ月間
  • アクセシビリティ機能はデフォルトで有効になっています
このエントリーをはてなブックマークに追加