buildcaft3
「Minecraft」のMod解説 工業化Mod BuildCraft3編 Part5 エネルギーパイプを作ろうです。
        ↓一日一回クリックしてくれると嬉しいです。
今回は,BuildCraftのパイプについて解説していきます。

エネルギーパイプは、エンジンで作成したMJ(BuildCraft内でのエネルギーの単位。)を機械にパイプを介して送ることができます。

エネルギー木パイプ(Wooden Conductive Pipe)
木パイプ×1、レッドストーン×1

BC3 part5-1

エンジンで作成されたMJを最初にパイプで受け取る。

エネルギー石パイプ(Cobblestone Conductive Pipe)
石パイプ×1、レッドストーン×1

BC3 part5-2

MJを輸送する際によく使われるパイプ。
減衰が大きい

エネルギー金パイプ(Golden Conductive Pipe)
金パイプ×1、レッドストーン×1

BC3 part5-3

MJを輸送する際に使われるパイプ。
減衰がとても少ない。

減衰
エネルギーパイプは、パイプを通るごとにMJが少なくなっていき、最終的に0に近くなる。
エネルギー木パイプは1つのパイプで2%
エネルギー石パイプは1つのパイプで1%
エネルギー金パイプは1つのパイプで0.1%
の減衰が生じます。

機械などを使用する際、エンジンを直付けでもいいのではないか。と思うかもしれませんが、機械の方にも受け取り限界のMJがあり、それを超えてしまうとそのMJはなくなってしまいます。

そのため、パイプを挟むことでパイプにMJを貯め、必要になったら機械に送るということが可能になります。
(貯めると言っても1秒程度だと思いますが・・・)

ポンプなどを使うときは、このエネルギーパイプを機械とエンジンの間に入れたほうが、かなり効率が良くなります。

このエントリーをはてなブックマークに追加