buildcaft3
「Minecraft」のMod解説 工業化Mod BuildCraft3編 Part3 アイテムパイプを作ろうです。
        ↓一日一回クリックしてくれると嬉しいです。
今回は,BuildCraftのパイプについて解説していきます。

BuildCraftのパイプは、RedPowerと違って多種あります。
まず、アイテム輸送用のパイプを解説します。

木パイプ(Wooden Transport Pipe)
ガラス×1、木材×2

BC3 part3-1

アイテムを輸送する際の搬出に必要なパイプ。

丸石パイプ(Cobblestone Transport Pipe)
ガラス×1、丸石×2

BC3 part3-2BC3 part3-8

一番使われているパイプ。
後述の焼石パイプと混線しないので、複雑で難しい配線が可能になる。
金パイプでアイテムを加速した時、焼石パイプの半分しか加速しない。

焼石パイプ(Stone Transport Pipe)
ガラス×1、焼石×2

BC3 part3-3

金パイプで加速した時、丸石パイプの2倍の32ブロックまで加速する。

鉄パイプ(Iron Transport Pipe)
ガラス×1、鉄インゴット×2

BC3 part3-4

アイテムの合流点で、1方向にしかアイテムを流れないようにすることができる。
レンチを使ってその方向を変更できる。

金パイプ(Golden Transport Pipe)
ガラス×1、金インゴット×2

BC3 part3-5

レッドストーン入力がされているときに金パイプ内にアイテムが流れこむと、そのアイテムを加速させる事ができる。
丸石パイプだと16ブロック、焼石パイプだと32ブロックごとに金パイプを挟めば加速を持続させることができる。

ダイヤモンドパイプ
(Diamond Transport Pipe)
ガラス×1、ダイヤモンド×2

BC3 part3-6

アイテムを仕分けする際に用いられ、GUIで指定したアイテムはその方向にしか流れなくすることができる。

黒曜石パイプ
(Obsidian Transport Pipe)
ガラス×1、黒曜石×2

BC3 part3-7

周辺に落ちているアイテムを回収して、パイプラインに乗せることができる。
エンジン入力することで木エンジンで+1ブロック、石エンジンか鉄エンジンで+4ブロック分回収範囲が広くなる。
トラップタワーの回収口や、自動サボテン回収機などにおいておくと、プレイヤーが拾う手間が省けますね。

BC3 part3-9

黒曜石パイプ同士は繋がらずに、他のパイプにはすべて繋がります。

BC3 part3-10

金パイプは、このようにレッドストーン入力を与えると、オレンジっぽい色になり、この中をアイテムが通過すると加速します。

BC3 part3-11

鉄パイプはレンチで右クリックすることにより灰色の覆いの場所を変えることができ、覆いがかかっていないところにアイテムが流れるようにすることができます。

BC3 part3-12

ダイヤモンドパイプは、他のパイプと接続すると色が付いた覆いが追加され、GUIで事前にアイテムを設定しておくことによって、その色の覆いにしか設定したアイテムを流さなくなるようになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加