Minecraft

snowdaikiのMinecraft日記 Part1です。

        ↓一日一回クリックしてくれると嬉しいです。

★はじめに


この日記は、私がMinecraftにハマったため、作られたものです。

いきなり終了したりするかもしれません。

その時はすみません。


★Minecraftとは


Minecraftは、2009年5月10日にNotch氏(本名:Markus Persson)が開発を始めた、サンドボックス型のものづくりゲームです。

レトロゲーを想起させるドットテイストのブロックが溢れる世界で、プレイヤーは建物やその他のものを自由に創造することが出来ます。


未開の土地を探索したり、洞窟を探検したり、モンスターと戦ったり、植物を育てたり、新しいブロックを手に入れ配置することで、様々なものを作ることができます。

創造(想像)力次第で小さな家から、ドット絵、地下基地、巨大な城まで何でも作ることができます


マルチプレイで協力して巨大建築物を作ったり、PvP(Player VS Player)で他プレイヤーと戦うことも出来ます。


公式Wikiより



★導入環境について

現在のMinecraftのバージョン:1.2.4

OS:Windows7 Home Premium 64Bit

メモリ:4GB

CPU:Intel Premium CPU P

6200 2.13GHz デュアルコア

Dellのノートパソコン


はい、みてもらえば分かる通り、Minecraftやるにはあまり良い環境ではないかと思います。


★導入Modについて

ModLoader

ModLoaderMP

OptiFine

NihongoMOD

Rei's Minimap


基本的なものばかりです。


もう少しスペックが良ければ、RedPowerなどのMODをいれたいのですがね・・・


スクリーンショットはF2で撮影しています。


今回はとりあえず私の家の紹介です。


minecraft001


木造一階建ての家です。


まだ、建築途中なので、窓ガラスなどはつけていません。


裏側から


minecraft013


入り口は、入るときは手動にしていますが、出るときは感圧版を使って両開きドアにしています。



部屋は、6つに分けました。


まずは正面の左の部屋


minecraft003


ここは作業部屋になっています。


ラージチェストが29個、かまどが横に11×3で33台、作業台が真ん中に1個置いてあります。


かまどを全台使うことはほとんどありませんw


ラージチェストの方は種類別に分けているので結構使っています。



寝室


minecraft004


黒と白の羊毛を交互に置いてあります。


なんかベットだけだと寂しいので家具なんか置いてみたいと思っています。




minecraft011


駅は自動駅となっていて、右の感圧式スイッチを踏むと自動的にトロッコが出るようになっています。


駅の構造は、以下の動画を参考に作りました。




minecraft012



帰ってきたときは、左側の線路に入り、左側の感圧式スイッチを踏むことで自動的に格納してくれます。



地下坑道


minecraft008


これは、Y10のところまで続いています。


地下から地上に登る場合は、ピストンエレベータを使用して上がれます。


このピストンエレベータは以下の動画を参考に作成しました。




minecraft009


たまにミスって降りるときに死んでしまうことがありますw


この地下坑道ではブランチマイニングという方法を使って鉱石掘りなどをしています。



ブランチマイニング

英語で書くと「Branch mining」。

地中内部を水平に枝状に掘るという技法。

鉱石は基本的に幾つかまとまって埋蔵しているため、この採掘法であれば無駄なく採掘が行える。


公式Wikiより


mine


このように、私の場合は2ブロック毎に掘っていっています。




エンチャント部屋


minecraft005


入ったときはエンチャント台があるだけの部屋に見えますが


左側に見えるボタンを押すと・・・



minecraft006



minecraft007


このように下から本棚が出てきますw


本棚収納式エンチャント部屋です。


これも以下の動画を参考にw





minecraft010


最後の部屋は特に何もおいていません。


何か作ろうと思うのですが、今のところは思いつかないので放置してあります。



ざっと紹介しましたが、分かりましたでしょうか?


何か質問とかあれば、答えますので、気軽にコメントしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加