超高速なファイル検索ソフト「Everything」です。
        ↓一日一回クリックしてくれると嬉しいです。
シンプルかつ高速なファイル検索ソフト。
ハードディスク内に存在するファイル / フォルダ をデータベース化し、そのデータベースを元に超高速な
ファイル検索を行えるようにしてくれます。
データベースの自動アップデート、検索結果に含めないファイル&フォルダ の設定、正規表現検索、検索
結果のエクスポート... 等の機能が付いています。

「Everything」 は、超高速なファイル検索ソフトです。
「Google デスクトップ」 に代表されるファイルインデックス型※1 の検索ソフトで、とにかく高速にファイル /
フォルダ を検索できるところが最大の特徴。
※1 ハードディスク内のファイル / フォルダ をデータベース化し、そのデータベースを元に検索を実行する
タイプのソフト。
検索方式は “ インクリメンタルサーチ ” ※2、データベースは “ 自動アップデート方式 ” が採用されている
ため、手軽に、そして面倒な操作を一切必要とせずに使えるようになっています。
※2 キーワードを入力すると同時に、検索結果がリアルタイムに表示される... という検索方式。
さらに、インターフェースは “ 検索バーとファイルビューのみ ” という超シンプルな構成になっているので、
使いやすさはかなりのものです※3。
※3 シンプルだが、“ and 検索 ” や “ or 検索 ” 、 ワイルドカード、 正規表現 を利用した検索 にも
対応している。
“ and 検索 ” は、キーワードを半角の空白で区切り、“ or 検索 ” は、キーワードを | で区切る。
加えて、検索結果に含めないアイテムを指定する機能や、ドライブ&フォルダ の右クリックメニューから
「Everything」 を実行できるようにする機能※4、検索結果をテキストファイルに書き出す機能 等も備えて
いたりします。
※4 右クリックで選択したフォルダ / ドライブ をルート (第一階層) にした状態で、「Everything」 を

起動できるようにする。


ソース:k本的にフリーソフト


★導入方法

①公式サイトから、Everythingをダウンロードしてインストールします。


★使用方法

①Everythingを起動します。


②日本語化を行います。

公式サイトからEverything.lngをダウンロードしてきます。


③インストールします。


④Everythingが自動起動し、Everything Optionsが出てくるので、一番上のLanguageを日本語に設定後、Applyをクリックします。


⑤Everythingが自動で再起動して、日本語GUIになっていれば成功です。


キャプチャ


⑥上部の欄に検索したい語句を入力します。


⑦自動で検索されます。


Windows標準の物よりも数倍早いので、とても便利です。

このエントリーをはてなブックマークに追加