pukiwiki
軽量音楽プレイヤーの「聞々ハヤえもん v2.39 β13 開発版」がリリースされました。
        ↓一日一回クリックしてくれると嬉しいです。

★更新内容

2012/2/7(火) Version 2.39 β 13 開発版
 起動時に画面表示がおかしくなる事があったのを修正しました。


2012/2/1(水) Version 2.37 β 12 開発版
 再生位置スライダを非表示にできるようにしました。


2012/2/1(水) Version 2.37 β 11 開発版
 ファイルの追加時に再生リスト内の「再生中」を表すマークが再生中以外のファイル
にも表示されてしまう不具合があったのを修正しました。


2012/2/1(水) Version 2.37 β 10 開発版
 再生リストに「No.」「タイトル」「アーティスト」「年」「長さ」を表示するようにしました。
 再生リストの列の幅/並び順を復元するようにしました。


2012/1/29(日) Version 2.37 β 9 開発版
 ノーマライズ機能を追加しました。


2012/1/26(木) Version 2.37 β 8 開発版
 大容量のファイルを読み込んだ時にスライダが動かなくなる不具合があったのを修正しました。


2012/1/17(火) Version 2.37 β 7 開発版
 グラフィックイコライザの各コントロールについて、横位置がずれていたのを修正しました。


2012/1/16(月) Version 2.37 β 6 開発版
 ソースコードを整理し、実行ファイルのサイズを削減しました。


2012/1/14(土) Version 2.39 β 5 開発版
 再生速度をだんだん遅くする機能について、秒数を0.01秒単位で指定できるようにしました。


2012/1/14(土) Version 2.39 β 4 開発版
 再生速度をだんだん速くする機能について、秒数を0.01秒単位で指定できるようにしました。


2012/1/13(金) Version 2.39 β 3 開発版
 再生周波数をだんだん遅くする機能について、秒数を0.01秒単位で指定できるようにしました。


2012/1/12(木) Version 2.39 β 2 開発版
 再生周波数をだんだん速くする機能について、秒数を0.01秒単位で指定できるようにしました。


2012/1/11(水) Version 2.39 β 1 開発版
 ツールバーのカスタマイズ機能を追加しました。


DLはこちら→クリック(^^)/

このソフトは、WAVE, MP3, Ogg Vorbis, WMA, M3U などの各種フォーマットに対応した、再生速度/再生周波数/音程を自由に変更できる MP3 プレーヤとして公開中のオープンソースのフリーソフトです。
readmeより
★動作環境
 Windows XP, Me, Vista ( 32ビット版 ) に対応しています。2000, 98, NT などでも
動くかもしれませんが、テスト環境がないので分かりません。
 DirectX 3 以降が導入されている環境が必要です。

★導入方法
①ダウンロードして解凍します。

②解凍後、Hayaemon.exeを起動します。

③メニューが表示されます。

キャプチャ

④下の空白部分にWAVE, MP3, Ogg Vorbis, WMAなどの音楽ファイルをドロップアンドドラックで入れます。

キャプチャ

この状態で左上の右三角をクリックすると再生が開始されます。

再生速度:音楽の速度を上げます。100で通常です。
再生周波数:周波数を変更します。
音程:音程を変更します。0で普通、1で少しずつ高くなります。

「システム>だんだん早くする」で今回追加された機能を使用することができます。

キャプチャ

その他にもいろいろな機能があるので、試してみてください。

また、動作がとても軽いです。

キャプチャ

他の作業をしながらでも、全く重さが気になりません
このエントリーをはてなブックマークに追加