main
本日行われた、日本レコード大賞で、AKB48が大賞を受賞しました。
        ↓一日一回クリックしてくれると嬉しいです。
年末恒例の第53回輝く!日本レコード大賞(日本作曲家協会など主催)が最終審査会が30日、東京・新国立劇場で開かれ、優秀作品賞10作品の中から結成 7年目のAKB48の「フライングゲット」が大賞に輝いた。女性グループの受賞は78年のピンク・レディー「UFO」、89年のWink「淋しい熱帯魚」 に続き3組目。

 今年発売した5作がオリコン年間ランキングの年間シングル部門でトップ5を独占する史上初の快挙を打ち立てた AKB48。中でも「フライングゲット」は発売初日にミリオンを達成するなど、約158万7000枚を売り上げた。昨年まで3年連続で大賞に輝いた 「EXILE」が受賞候補を辞退したこともあり、AKB48は当初から“本命”と目されていた。

 発表の瞬間、メンバーは涙、涙…。前田 敦子(20)は「ずべての方々に感謝したい」と声を詰まらせ、高橋みなみ(20)は「去年のこの日から1年間頑張ってきて本当によかった」と感涙。大島優 子(23)は「期待と不安でいっぱいだった。ファンの方たちに本当に感謝したい」と喜びを語った。

ソース:スポニチ
このエントリーをはてなブックマークに追加