60ME
FW6.60用のCFW、
CFW 6.60ME-1.6 がリリースされました。
        ↓一日一回クリックしてくれると嬉しいです。
更新内容
導入方法
ファイル配置図
VSH Menu
リカバリーメニュー

★更新内容
-- CPUクロック数の 199/99 を 200/100 に変更;
-- VshMenuを更新. 翻訳機能を追加した。
-- XMBでUSBを通じてUMDをダンプする際にサイズが正しくなかったバグ修正.
 
DLはこちら→クリック(^^)/ 

★導入方法
 ①ファイルをDLし解凍します。

 ②解凍した後、出てきた「release_660me」フォルダの中にある「UPDATE」フォルダを「ms0(ef0):/PSP/GAME/」に入れます。

 ③FW6.60の EBOOT.PBP を用意して、660.PBP にリネームします。

 ④リネームした後、先ほどコピーした「UPDATE」フォルダに入れます。

 ⑤XMBから起動します。

pic_0007

 ⑥英語のメニュー画面が出るので×ボタンでインストールします。
  (Beta版を導入していない人は、公式のアップデータが起動すると思います。)

 ⑦本体情報を確認して、6.60ME-1.5 になっていれば成功です。

pic_0119
上の写真は、本物の6.60MEを導入した物ではありません。 

★ファイル配置図
ms0(ef0):/
 L PSP
  L GAME 
    L UPDATE
      L EBOOT.PBP
         L 660.PBP

★VSH Menu
VSH MenuとはPRO起動中にXMBでSELECTボタンを押すと出てくる英文のことです。

pic_0021

CPU CLOCK XMB
XMBでのCPUのクロック数変更

CPU CLOCK GAME 
ゲームでのCPUのクロック数変更

USB Device     
USBケーブル経由でPCなどに接続したときにマウントされる領域を指定します

UMD ISO MODE
ISO/CSOゲーム起動時に使用するドライバーの設定
  
Normal・・・通常のドライバー
   OE isofs・・・OE系のドライバー
 M33 driver・・・CFW M33系のドライバー
 Sony NP9660・・・Sony公式ドライバー

   MEdriver・・・MEオリジナルドライバー

ISO VIDEO MOUNT
UMD VIDEO再生する際に使用する機能


PLUGINS MANAGER
プラグインをvshmenu上で設定できます

ENTER RECOVERY
リカバリーメニューに行けます。(後述参照)

SHUTDOWN DEVICE     
PSPをシャットダウン

SUSPEND DEVICE 
PSPをスリープ

RESET DEVICE     
PSPを再起動(ME解除)

RESTART VSH     
PSPを再起動(ME維持)

★リカバリーメニュー
vsh menuからENTER RECOVERYで×ボタンを押すとこの画面に行けます。

このあと、Enabled、Disabledが出てきますが、Enabledが有効、Disabledが無効という意味です。

20110825004454

Toggle USB
PSPとPCをUSB接続した状態で選択すると、メモステにアクセス出来ます。

Configuration
×ボタンで下記の設定ができます

Back
TOPメニューに戻る

Skip Sony logo
EnabledでPSP起動時のSONYのロゴが流れなくなります

Skip Gameboot
Enabledでゲーム起動時の(PSPロゴの入った)動画が流れなくなります

Hide corrupt icons
EnabledでXMB上で破損ファイルを非表示にします。

GAME folder homebrew
メモステのGAMEフォルダ内のアプリを、どのカーネルで起動するかを選べる

Autorun PBP at/PSP/GAME/BOOT/EBOOT.PBP
ms0:/PSP/GAME/BOOT/フォルダに(EBOOT.PBP等)を入れて、有効化すると、PSP起動時に自動でBOOTフォルダに入れたものが起動されます。

UMD Mode
Vsh menuと同様、ISO/CSOゲーム起動時に使用するドライバーの設定ができます

  Normal・・・通常のドライバー
  OE isofs・・・OE系のドライバー
 M33 driver・・・CFW M33系のドライバー
 Sony NP9660・・・Sony公式ドライバー

Hide Mac Address
EnabledでMacアドレスを偽装できます

Fake region
Enabledでリージョンを偽装できます

Use VshMenu
EnabledでXMB上でVsh menuが使用可能になります

XMB Usb Device
XMBでのUSB接続のアクセス元を変更できます。
Memory Stick・・・メモステ
Flash 0~3・・・flash 0~3
UMD Disc・・・UMD
Use slim color in XMB(PSP1000専用)
PSP-1000でPSP-3000の背景色を使用可能にできます

Battery charge from USB(PSP-2000/3000専用)
EnabledでUSB接続時に充電が出来るようになります

Use network update
Enabledで無線LANによるLMEのアップデートが可能になります

Hide PIC0 & PIC1 in XMB
Enabledでゲーム/アプリアイコン選択時に表示される背景を非表示にできます

Use version.txt
Enabledでバージョン情報を偽装します

Speed up MS access
メモステ読み込み速度向上が出来るようです
NEVER・・・未使用
ALWAYS・・・いつでも使用
VSH・・・XMBでのみ使用
VSH&GAME・・・XMBとゲーム中で使用
VSH&POPS・・・XMBとPS1エミュで使用
GAME・・・ゲーム中で使用
GAME&POPS・・・ゲーム中とPS1エミュで使用 
POPS・・・PS1エミュで使用 

Run program at /PSP/GAME/RECOVERY/EBOOT.PBP

ms0(ef0):/PSP/GAME/RECOVERY/フォルダに入れたEBOOT.PBPを起動できます。

Advanced
×ボタンで下記の設定ができます

Advanced Config
×ボタンで下記の設定ができます

  Excute OPNSSMP.bim in ISO
  flash2 から OPNSSMPの読み込みを実行

  Execute PBOOT.PBP with ISO
  ISOファイル用に、PBOOT.PBP(アップデータ)の取得及び実行する

  XMB Plugins
  EnabledでXMBでのプラグインの使用が可能になります

  GAME Plugins
  Enabledでゲーム/アプリでのプラグインの使用が可能になります

  POPS Plugins
  EnabledでPS1でのプラグインの使用が可能になります

Battery Config
×ボタンで下記の設定ができます
  Battery Serial
  現在のバッテリーの状態確認
  Unknownだと通常のバッテリーだと思います。

  Make Jigkick Battery
  通常のバッテリーをJigkick Batteryにできます。

  Make AutoBoot Battery
  通常のバッテリーをAutoBoot Batteryにできます。

  Make Normal Battery
  Jigkick Batteryを、通常のバッテリーに戻せます。

Toggle USB (Flash 0)
×ボタンでFlash 0にアクセス出来ます。

Toggle USB (Flash 1)
×ボタンでFlash 1にアクセス出来ます。

Toggle USB (Flash 2)
×ボタンでFlash 2にアクセス出来ます。

Toggle USB (Flash 3)
×ボタンでFlash 3にアクセス出来ます。

Format flash1 and reset settings
Flash1を初期化することができます。
PSPが不調になったとき(スクリーンショットが変なふうに映るなど(私がなりましたw)したら、これをすると治ることがあります)

Format flash2
Flash2を初期化することができます。

CPU Speed
×ボタンで下記の設定ができます

Speed in VSH
XMBでのCPUクロックを変更できます。
333/166が最高、20/10が最低。Defaultが222/111

Speed in GAME
GAMEでのCPUクロックを変更できます。
333/166が最高、20/10が最低。Defaultが222/111

Plugins
プラグインの設定ができます。
Enableで有効、Disabledで無効です。

Registry hacks
×ボタンで下記の設定ができます

Button assign
「○ is enter」で ○ボタンが決定 ×ボタンが中止
「× is enter」で ×ボタンが決定 ○ボタンが中止
にできます。

Activate WMA
Enableでオンライン認証無しでWMAの使用が可能にできます。

Activate Flash Player
Enableでオンライン認証無しでFlash Playerの使用が可能にできます。

Backup NetConfig
ネットワーク設定をバックアップできます。

Restore NetConfig
Backup NetConfigの設定のバックアップを、内部flashに書き戻せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加