60LME
FW6.60用のLCFW、
LCFW 6.60LME-1.6 がリリースされました。
        ↓一日一回クリックしてくれると嬉しいです。
更新内容
導入方法
VSH Menu
リカバリーメニュー

★更新内容
-- CPUクロック数の 199/99 を 200/100 に変更;
-- VshMenuを更新. 翻訳機能を追加した。
-- XMBでUSBを通じてUMDをダンプする際にサイズが正しくなかったバグ修正.

DLはこちら→クリック(^^)/

★導入方法

 ①ファイルをDLし解凍します。


 ②解凍後、PSPフォルダを「ms0(ef0):/」に入れます。

 ③XMBから「LME installer for  660」を起動し、インストールします。
   この状態ではまだOFWの状態です。

pic_0011

 ④起動したら英語が出てくるので、×でインストールします。

 ⑤XMBから「LME launcher for 660」 を起動します。これでLCFWの状態になります。

pic_0012

 ⑥本体情報を確認し、6.60LME-1.5 になっていれば成功です。

pic_0013

★VSH Menu
VSH MenuとはPRO起動中にXMBでSELECTボタンを押すと出てくる英文のことです。

pic_0015
pic_0014

CPU CLOCK XMB
XMBでのCPUのクロック数変更

CPU CLOCK GAME 
ゲームでのCPUのクロック数変更

USB Device     
USBケーブル経由でPCなどに接続したときにマウントされる領域を指定します

UMD ISO MODE
ISO/CSOゲーム起動時に使用するドライバーの設定
  
Normal・・・通常のドライバー
   OE isofs・・・OE系のドライバー
 M33 driver・・・CFW M33系のドライバー
 Sony NP9660・・・Sony公式ドライバー

   MEdriver・・・MEオリジナルドライバー

BACKCOLOR
VSHmenuの背景色を変えることが出来ます

PLUGINS MANAGER
プラグインをvshmenu上で設定できます

ENTER RECOVERY
リカバリーメニューに行けます。(後述参照)

SHUTDOWN DEVICE     
PSPをシャットダウン

SUSPEND DEVICE 
PSPをスリープ

RESET DEVICE     
PSPを再起動(LME解除)

RESTART VSH     
PSPを再起動(LME維持)

★リカバリーメニュー
vsh menuからENTER RECOVERYで×ボタンを押すか、6.60LME起動中にLME launcher for  660を起動するとこのような画面に行けます。

このあと、Enabled、Disabledが出てきますが、Enabledが有効、Disabledが無効という意味です。

20110825004454

Toggle USB
PSPとPCをUSB接続した状態で選択すると、メモステにアクセス出来ます。

Configuration
×ボタンで下記の設定ができます

Back
TOPメニューに戻る

Skip Sony logo
EnabledでPSP起動時のSONYのロゴが流れなくなります

Skip Gameboot
Enabledでゲーム起動時の(PSPロゴの入った)動画が流れなくなります

Hide corrupt icons
EnabledでXMB上で破損ファイルを非表示にします。

GAME folder homebrew
メモステのGAMEフォルダ内のアプリを、どのカーネルで起動するかを選べる

Autorun PBP at/PSP/GAME/BOOT/EBOOT.PBP
ms0:/PSP/GAME/BOOT/フォルダに(EBOOT.PBP等)を入れて、有効化すると、PSP起動時に自動でBOOTフォルダに入れたものが起動されます。

UMD Mode
Vsh menuと同様、ISO/CSOゲーム起動時に使用するドライバーの設定ができます

  Normal・・・通常のドライバー
  OE isofs・・・OE系のドライバー
 M33 driver・・・CFW M33系のドライバー
 Sony NP9660・・・Sony公式ドライバー

Hide Mac Address
EnabledでMacアドレスを偽装できます

Fake region
Enabledでリージョンを偽装できます

Use VshMenu
EnabledでXMB上でVsh menuが使用可能になります

XMB Usb Device
XMBでのUSB接続のアクセス元を変更できます。
Memory Stick・・・メモステ
Flash 0~3・・・flash 0~3
UMD Disc・・・UMD
Use slim color in XMB(PSP1000専用)
PSP-1000でPSP-3000の背景色を使用可能にできます

Battery charge from USB(PSP-2000/3000専用)
EnabledでUSB接続時に充電が出来るようになります

Use network update
Enabledで無線LANによるLMEのアップデートが可能になります

Hide PIC0 & PIC1 in XMB
Enabledでゲーム/アプリアイコン選択時に表示される背景を非表示にできます

Use version.txt
Enabledでバージョン情報を偽装します

Speed up MS access
メモステ読み込み速度向上が出来るようです
NEVER・・・未使用
ALWAYS・・・いつでも使用
VSH・・・XMBでのみ使用
VSH&GAME・・・XMBとゲーム中で使用
VSH&POPS・・・XMBとPS1エミュで使用
GAME・・・ゲーム中で使用
GAME&POPS・・・ゲーム中とPS1エミュで使用 
POPS・・・PS1エミュで使用 

Run program at /PSP/GAME/RECOVERY/EBOOT.PBP
ms0(ef0):/PSP/GAME/RECOVERY/フォルダに入れたEBOOT.PBPを起動できます。

Advanced
×ボタンで下記の設定ができます

Advanced Config
×ボタンで下記の設定ができます

  Excute OPNSSMP.bim in ISO
  flash2 から OPNSSMPの読み込みを実行

  Execute PBOOT.PBP with ISO
  ISOファイル用に、PBOOT.PBP(アップデータ)の取得及び実行する

  XMB Plugins
  EnabledでXMBでのプラグインの使用が可能になります

  GAME Plugins
  Enabledでゲーム/アプリでのプラグインの使用が可能になります

  POPS Plugins
  EnabledでPS1でのプラグインの使用が可能になります

Battery Config
×ボタンで下記の設定ができます
  Battery Serial
  現在のバッテリーの状態確認
  Unknownだと通常のバッテリーだと思います。

  Make Jigkick Battery
  通常のバッテリーをJigkick Batteryにできます。

  Make AutoBoot Battery
  通常のバッテリーをAutoBoot Batteryにできます。

  Make Normal Battery
  Jigkick Batteryを、通常のバッテリーに戻せます。

Toggle USB (Flash 0)
×ボタンでFlash 0にアクセス出来ます。

Toggle USB (Flash 1)
×ボタンでFlash 1にアクセス出来ます。

Toggle USB (Flash 2)
×ボタンでFlash 2にアクセス出来ます。

Toggle USB (Flash 3)
×ボタンでFlash 3にアクセス出来ます。

Format flash1 and reset settings
Flash1を初期化することができます。
PSPが不調になったとき(スクリーンショットが変なふうに映るなど(私がなりましたw)したら、これをすると治ることがあります)

Format flash2
Flash2を初期化することができます。

CPU Speed
×ボタンで下記の設定ができます

Speed in VSH
XMBでのCPUクロックを変更できます。
333/166が最高、20/10が最低。Defaultが222/111

Speed in GAME
GAMEでのCPUクロックを変更できます。
333/166が最高、20/10が最低。Defaultが222/111

Plugins
プラグインの設定ができます。
Enableで有効、Disabledで無効です。

Registry hacks
×ボタンで下記の設定ができます

Button assign
「○ is enter」で ○ボタンが決定 ×ボタンが中止
「× is enter」で ×ボタンが決定 ○ボタンが中止
にできます。

Activate WMA
Enableでオンライン認証無しでWMAの使用が可能にできます。

Activate Flash Player
Enableでオンライン認証無しでFlash Playerの使用が可能にできます。

Backup NetConfig
ネットワーク設定をバックアップできます。

Restore NetConfig
Backup NetConfigの設定のバックアップを、内部flashに書き戻せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加